あさイチ 生口島のレモンカードの作り方

あさイチではイギリス発祥のクリームのレモンカード作り方を紹介していました。番組では広島県生口島を訪れました。ここはなんと国産レモン発祥の地と言われているそうです。レモンカードの作り方を詳しく教えてくれたのはこの島でケーキ店を営む奥本さんでした。
生口島がある瀬戸田町はレモンの生産量日本1位で糖度が高く味が濃いということで有名とのこと。

レモンカードの作り方

レモンカードはパンに塗って食べたり、アイスクリームにつけたり、パスタに使ったりなど万能クリーム。

作り方と材料は次のとおりでした。

材料

  • レモン1個:100g
  • 砂糖:100g
  • バター:100g
  • 卵:2個(100g)

作り方

  1. まずはレモンを切っていきます。ポイントは種や皮も使うことにありました。
  2. そしてミキサーにレモン、砂糖、バター(電子レンジで溶かしたもの)、卵を入れます。
  3. 続いてミキサーにかけます。ここでのポイントはレモンの皮や種の形を少し残すことにありました。
  4. ボウルに移して湯煎します。加熱しながら混ぜていきます。
  5. 5分ほど混ぜてとろみが出てきたら完成です。
  6. 後は、熱々のまま瓶の中に入れて蓋をします。熱々のままいれる理由は瓶の殺菌のためです。
  7. そして便をひっくり返します。こうすることで蓋側も熱で殺菌します。

感想

パンに合うということなのでレモンカード作ってみたいと思いました。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする