塩をかけて吸い込むだけでカーペットの汚れを取る方法

教えてもらう前と後では凄い塩パワーを紹介していました。なんでも、塩を使うことでカーペットについたジュースの汚れもたった10分で落とすことができることの。詳しく教えてくれたのは東京大学大学院生の五十嵐美樹先生でした。

塩を使ってカーペットの汚れを落とす方法

番組ではあえて、カーペットを用意してワインをこぼして汚れを作っていました。

もし、ここで布巾で拭いてしまうと、シミが残ってしまいますが塩を使うことできれいに取り除くことができるとのこと。

やり方

  1. 汚れた部分に塩をまぶします。塩の分量はこぼした液体を覆うくらいらいでいいそうです。そして、トントンと塩を叩いて塩に液体を吸い込ませます。
  2. そして塩を掃除機で吸い込みます。
  3. 不思議と汚れが落ちています。

仕組み

どうして塩をかけて、掃除機で吸い込むだけで汚れが落ちるのでしょうか。

それは、液体は濃度が高い方へ移動する性質があるためです。

塩のほうが濃度が高いので、絨毯やカーペットの水分が浮き上がるという仕組みです。

塩をかけるタイミング

ちなみに、ジュースをこぼしてからすぐに塩をかけたほうが汚れの落ちは当然いいとのこと。

ただ、時間がすこしたったとしても濡れている間は塩をかけることで洗濯などで落ちやすくなる効果もあるとのこと。

感想

この方法は家に洗剤などがきれていて無い場合に奥の手として使えそうですね。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする