パスコの職人直伝 究極のバタートーストの作り方 パスコの熟成が売れる理由

サタデープラスではパスコの熟成食パンの職人直伝の究極のバタートーストの作り方のコツを紹介していました。さらに番組ではパスコ(Pasco)の熟成という9年連続売上1位の食パンを取り上げ、その食パンが売れる理由なども取り上げていました。

究極のバタートーストの作り方 パスコの熟成の達人を直伝

パスコの熟成(食パン)職人が美味しさを最大限に生かす究極の焼き方は次のとおりでした。

  1. パンの半分くらいの深さまで切り込みを入れます。切り込みは斜めに3本ずつ入れます。
  2. 予熱しておいたトースターで1分ほど焼きます。
  3. トースターから取り出し、バターを塗って、またトースターに戻します。
  4. 最後にトースターから取り出し、またバターを塗ったら完成です。

この濃厚のバターが究極のバタートーストの味を作り出すということでした。

Pascoの超熟 売上9年連続1位の食パン

空前の食パンブーム。都内各地に専門店が続々とオープンし値段も一斤千円を超える食パンも売れています。

そんな中、売上9年連続1位の食パン、誕生20周年のPascoの超熟が日本一売れる食パンとして紹介されていました。
このPascoの超熟の年間売上はなんと584億円。

中はフワフワということで人気なんだとか。

パスコの食パンが売れる理由

このパスコの超熟のヒットの3大自慢として次の3つが紹介されていました。

  1. 旨さを生み出す「もちもち部屋」存在。この部屋で超熟の命とも言える湯種を作っていそうです。
  2. 営業マンのバラマキ大作戦。お店の陳列スペースに置いてもらうため、試食品のパンを従業員全員に渡していたとのこと。
  3. 究極のバタートーストを作ることができる。これは上記で説明しました。(作り方)

感想

この食パンは絶対にうまいと思いました。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする