そうめんを茹でるときに梅干しを入れると美味しくなる理由

教えてくれる前と後ではそうめんを茹でるときに梅干しを入れるとコシがでて美味しくなると紹介していました。なんでも水の状態から梅干しをいれて麺を茹でていくそうです。たったこれだけで驚くほどそうめんが美味しくなるとのこと。

そうめんを茹でるときに梅干しを入れる

そうめんを茹でるときに梅干しを入れて茹でると美味しくなる理由は、梅干しを入れて沸騰させるとクエン酸の効果でデンプンが引き締まり麺にコシが生まれるとのこと。

本来なら、麺を茹でたときにコシの素になるデンプンが溶け出してしまいますが水の状態から梅干しを入れてから麺を茹でると溶け出すデンプンを麺に閉じ込めるので驚くようなコシが出てくるとのこと。

食べ比べた結果

番組では、梅干し入れて茹でたものとそうでないものを食べ比べてもらったところ、多くの方が梅干しと一緒に茹でたそうめんがコシがあると回答していました。

コシが19%アップ

さらに、番組では本当にコシがアップしたのか歯ごたえを計測。

その結果、梅干し入りがそうでないものと比べ19%アップしていたことがわかりました。

感想

最近よくそうめんを食べるのでマネしてみたいと思います。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする