サバ缶で痩せるホルモンアップ? サバのEPAの効果!

サバ缶にに含まれるEPAがダイエットに効果があるとかないとか。こんなことがけっこう注目されているようです。L4YOUでは、サバ缶のメリットと簡単に作れるサバ缶レシピが紹介されていました。フードコーディネーターのナガタユイさんがサバ缶レシピを伝授。この方はサバ缶のレシピ本も出されているほどのサバ缶スペシャリストです。

さば_min

スポンサーリンク
広告(PC)




サバ缶のメリットとダイエット効果とは?

サバ缶のメリットなどをまとめると次の通りです。

ダイエット効果:EPAにはGLP-1という消化ホルモンを活性化させる働きがあり、満腹中枢を刺激して食べ過ぎを防ぎ、肥満を予防する効果がわかっている。

煮汁に溶けだしているDHAやEPAも摂ることができる。これらの成分をナマのサバよりもおよそ1.5倍多く取ることができるという。

③サバ缶には、ナマのサバよりもカルシウムが30倍も多く含まれている。骨まで食べられるからカルシウムが多く摂れるとされる。

ちなみに、厚生労働省がすすめる1日のカルシウム摂取量は600mg。サバ缶1個にたいして含まれているカルシウムの量はなんと350mgと、1缶で1日必要なカルシウムの半分が摂取できることになる。

番組で紹介していた、簡単なサバ缶レシピの作り方。

サバ缶そぼろの作り方

<材料>
サバ缶・・・2缶
砂糖・・・大さじ2
みりん・・・大さじ2
おろし生姜・・・小さじ2
しょうゆ・・・小さじ2

・煮汁ごとフライパンに入れる
・みりん・お砂糖・おろし生姜を加える
・そして5分くらい煮詰めていく
・水分がなくなり、焼き色がついてきたらしょうゆを加える
・仕上げにさっと混ぜて味をなじませる

サバ缶を食べたからといって必ずやせるというものではもちろんありません。ただ、サバに含まれているEPAには、いわゆるダイエットホルモンGLP-1をアップさせる働きがあるということがわかったということです。

実は、サバ缶を使ったダイエットカレーのレシピも別の番組で紹介されていました。詳しくはこちらの記事で紹介しています。

ポイントは、サバ缶レシピをダイエットの補助として捕らえて、運動などもしっかりと行うこと。これがサバ缶ダイエットの成功の秘訣のようですよ。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする