エイジングシートで作った熟成魚 養殖マグロに付加価値 ブリもアジも登場予定

WBSでは、熟成魚という魚を熟成させた商品を紹介していました。熟成肉はありますが、熟成魚というのはあまり聞いたことが無いのではないでしょうか。なんでもエイジングシートというものを使い魚を熟成させて作られるそうです。熟成期間は20日間ほどで旨味がまして違った食感も味わえるそうです。

熟成魚はエイジングシートを使って作られる

熟成魚はどのようにして作られるのでしょうか。なんでもエイジングシートというものを使っって魚を熟成させるということでした。

このエイジングシートには魚を熟成させるカビがついているということでした。

カビ菌の効果

シートに付いているカビ菌は、腐敗菌を遮断し熟成させて旨味成分のアミノ酸を増やす作用があるとのこと。

どこが開発したのか

このエイジングシートは明治大学と共同でベンチャー企業の「フードイズム」が開発しました。

番組で紹介していた熟成魚はエイジングシートを使って川崎市の北部市場が生産しました。

どのくらい期間熟成させるのか

このエイジングシートを使って魚の場合の熟成させる期間はおよそ20日間。

熟成させる日にちが長くなると黒くなるのが特徴でした。

熟成魚(マグロ)の味

この熟成されたマグロの場合は旨味がまして食感もしっとりとしているということでした。

どこで食べられるのか

今現在では川崎市などの魚がし日本一の3店舗ほどでこの熟成マグロを食べることができるとのこと。

この他にも熟成銀だらなどもあるそうです。

まとめ

今後、熟成魚によって新しいブランドが生まれ、全国でも食べられるようになるとのこと。

また、養殖マグロを使うことでマグロに付加価値をつける事もできるとのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする