新説!所JAPAN 日本人はお釣りの計算が他の国の人に比べて得意な理由

新説!所JAPANでは日本人はなぜお釣りの計算が他の国に比べてなぜ得意なのかについて取り上げていました。日本人はお釣りをキリよく貰うために小銭を多く使います。このようにパッと計算するのは日本人だけなのかも。番組では他の国の人がどのようにしてお金を支払うのか検証をしていました。

外国人にお釣りの計算をさせる実験

番組では、外国人の方は買い物をする時にどのようにお金を支払うのかを検証していました。

検証内容は、120円のペットボトルを2本、合計240円の買い物をしてもらいます。

支払いに使うために渡したお金

240円の買い物をしてもらうために渡したお金の種類は次のとおりです。

  • 千円札1枚
  • 500円玉1枚
  • 50円玉1枚
  • 10円玉4枚

日本人ならお釣りを少なくするためにこの場合だと540円を支払い300円のお釣りをもらうように支払う人が多いと思います。

12人の日本人で試した所12人全員が540円支払っていました。

外国人の方の支払い方

では、外国人の方はどのように支払ったのでしょうか。結果は次のとおりでした。

オーストラリアの方に同じようにお金を渡した所なんと千円札1枚を出していまいした。この方法が一番めんどくさくないからということでした。

アメリカ人親子は500玉一枚でお支払いをしていました。500玉で支払うのがちょうど良いのではということでした。

結局日本人と同じく540円で支払った外国人は37人中10人でした。

日本人がお釣りの計算が得意な理由

所さんの新説として認定されたのは、日本と海外とで引き算のやり方がぜんぜん違うから、日本人はお釣りの計算が得意だということでした。

つまり、引き算がお釣りの計算に影響しているということでした。

番組では、3380-2800という引き算の問題を街頭で外国人に解いてもらったところ、答えが700とか1190などまったく違う答えが出ていました。

580と正解した方もいましたが正解を出すのに時間がかかっていたようです。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする