名医のTHE太鼓判 骨の老化予防 はちみつご飯の作り方 はちみつポリフェノールで骨の老化が予防できる理由

11月12日の名医のTHE太鼓判では、骨を強くする食材を紹介していました。それはなんとはちみつでした。はちみつに含まれているはちみつポリフェノールには骨の老化を防ぐ効果があるとのこと。番組でははちみつご飯の作り方も紹介していました。

はちみつポリフェノールで骨の老化予防

骨は破壊と再生を繰り返しています。骨を作る細胞の骨芽細胞と骨を壊す破骨細胞が同じ割合で働くため健康な骨が保たれるという。

しかし、加齢によって骨芽細胞が衰えて、破骨細胞が増えると骨はスカスカになってしまいます。

食品の健康効果を研究している平柳先生によると、はちみつが持つはちみつポリフェノールは破骨細胞の数や働きを抑える効果があり、骨の老化を予防できるということでした。

ラットのはちみつ水の実験

ラットを使った6週間の実験で、はちみつ水を与えたものと、カルシウム水を与えた場合では、はちみつ水を与えたラットの骨密度のほうが高くなっていたということでした。

はちみつご飯の作り方

番組では養蜂家を取材して普段どんなはちみつ料理を食べているのかを調査。そのなかではちみつご飯の作り方が紹介されていまいました。

材料

  • お米:4合
  • はちみつ:小さじ2杯

作り方

作り方は、研いだ4合のお米に小さじ2杯のはちみつを加えて炊くだけで完成です。

まとめ

はちみつは保水性が高いので、ご飯が水分を吸収してふっくらとさせるそうです。

簡単なのでためしてみると良いかもしれません。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする