万能鍋の素の作り方とポン酢に昆布をいれておいしくする技

あさイチでは万能鍋の素の作り方とポン酢を美味しくする方法をを紹介していました。この鍋の素を使うことで家庭の鍋もワンランクアップするとのこと。鍋の素のポイントは昆布だしとみりんと醤油の割合を14対1対1にすることでした。詳しく教えてくれたのはふぐ料理の専門店の店主の遠藤さんでした。

万能鍋の素の作り方

鍋はアレンジがやりづらくマンネリ化しがちです。番組で紹介していたアレンジしやすい鍋の素の材料と作り方は次のとおりでした。

材料

昆布だしとみりん醤油の割合は14:1:1となっています。

昆布が14、みりんが1、醤油が1の割合です。

  • 昆布だし
  • 昆布:1枚
  • みりん
  • 薄口醤油

作り方

  1. 鍋に昆布だしと昆布をいれます。
  2. さらにみりん、薄口醤油を加えます。
  3. ひと煮立ちさせたら完成です。

追加昆布がすごく効いていて子供も喜ぶ味になっているとのこと。

ポン酢を美味しくする方法

続いて教えてくれたのはポン酢を美味しくするテクニックでした。このポン酢の作り方と材料は次のとおりでした。

材料

  • 市販のポン酢:1ポン
  • 細切りにした昆布:7,8枚

作り方

  1. 市販のポン酢の蓋を開けます。
  2. 次に、昆布を細切りにします。あるいは細切りにしてある昆布を適量(7,8枚)用意します。
  3. 後はこの昆布をポン酢の口からいれるだけです。
  4. そして5日から1週間寝かせたら完成です。

まとめ

ポン酢を惜しくする技や鍋の素の特徴は追加昆布にありました。ポン酢はまろやかになるとのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする