免疫力・栄養アップのニンニク調理法とは? はなまるマーケット8月21日

最近の研究でニンニクのある成分に強力な免疫増強効果があるということがわかったそうです。その成分はジアリルトリスルフィド。この成分の健康効果には、脂肪燃焼作用、免疫力アップ、がん細胞の増殖を抑えるといったものがあるという。ちなみにこのネタもはなまるマーケットで紹介されていました。

番組では、このジアリルトリスルフィドを効果的に摂る調理法とはどういったものがあるのか気になるところ。

まず、にんにくを切ってニオイ成分であるアリシンを発生させる。次にこのカットしたニンニクを低温加熱で油に溶かすことでジアリルトリスルフィドになるという。

この注目成分ジアリルトリスルフィドを取り出すためには、にんにくを細かくカットして、油で低温加熱することが必要

この調理法をよく使うのがスペイン料理なんだとか。スペイン料理では、オリーブオイルでニンニクを低温加熱することが多いそうです。

スポンサーリンク
広告(PC)




なぜスタミナ食材

ニンニクを食べると、なんとなく元気になったと思うことありますが、それは、交感神経が刺激されてアドレナリンやノルアドレナリンとといった興奮ホルモンが分泌されるため。

アドレナリンが分泌されると、唐・脂肪をエネルギーに変えて全身の代謝をアップさせる。つまり、ニンニクを食べると気力・体力の面でもアップするという。

ニンニクの健康効果

やる気アップ
脂肪燃焼作用
免疫力アップ
女性・男性ホルモン分泌促進
強壮作用
便秘解消

ただ、ニンニクは食べ過ぎると逆に体に悪いと聞いたことがあると思います。なので、ほどほどにするということも心がけておきたいところです。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする