ホットバナナの作り方と甘酒!健康効果は?はなまるマーケット

ほっとバナナというのが最近注目を集め始めている。はなまるマーケットではホットバナナの作り方とホットバナナ甘酒の作り方が紹介されていました。お家で簡単に作れるのでこの寒い時期にホットバナナ甘酒は腸を温めてくれるので便秘気味の人にもオススメ。

バナナ

バナナの最近の研究では、免疫機能に関与して風邪予防や花粉などの鼻炎の予防につながることがわかってきた。2月は天気、気温が不安定な時期で1年のうち最も腸が老化する時期でもある。温度差があるので腸に行く血液量が減ってしまう。そのため腸の動きが停滞してしまい、老廃物がたまり便秘になってしまう事もある。

スポンサーリンク
広告(PC)




ホットバナナの健康効果

そこで腸の動きをサポートするとっておきの食べ物といえば。バナナ。ただし、ただのバナナではなく温めたホットバナナ。もともとバナナは腸内環境を整える食材。バナナは加熱しても栄養分が損なわれることはほとんど少ない。

バナナをホットバナナで食べたほうが腸が冷えずに負担にならないというメリットがある。

加熱によってバナナの糖度が4度くらいアップする。甘くて美味しくなる。

バナナに含まれているフラクトオリゴ糖はビフィズス菌のエサになるので腸の活性化につながってくる。そのことによって免疫力が上がり、風邪、鼻炎の予防にもつながるという循環が生まれる。

女性に嬉しい効果

ホットバナナには肌の若返り効果もある。
加熱したバナナを食べることで食物繊維が腸のぜん動運動をより活発化して肌の若返り効果につながる。

アスリートフードマイスター野菜ソムリエの田代由紀子さんがホットバナナレシピの作り方を紹介。

基本のホットバナナの作り方

・皮をむいて適当にざく切りにする、太さはお好みのサイズ。
・フライパンにオリーブオイルを垂らす。オリーブオイルにはビタミンE、抗酸化作用が豊富。
・オリーブオイルが温まったら表面に焼き色が付くくらいにソテーすること約1分(両面)。

普通のバナナとホットバナナを食べ比べるとトロッとしていて甘いことがわかる。

ホットバナナ甘酒

・甘酒…2杯
・バナナ…1本

・バナナは皮をむいて5ミリ角にカット
・甘酒が入った鍋に加えて中火でひにかける(5分程度)
・温まったら完成

免疫、美肌効果、疲労回復などが期待できるという。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする