輪ゴム13本を使って令和で強運になる方法 月明かり下で梅干しを食べることも効果あり

アッコにおまかせ!では輪ゴムを使って令和を強運にする方法を紹介していました。なんでも輪ゴムをたった13本用意するだけでできる簡単な方法でした。また、月明かりの下で梅干しを食べるのも運気を強くするのには良いとのこと。強運ランキングトップに入らなかった方でも強運になるコツをオフェリア・麗さんが伝授してくれました。

輪ゴム13本を使って令和で強運になる方法

オフェリア・麗さんは、番組でこっそりと強運ランキングに入らなかった方でも落ち込むことはないということで令和で強運を呼び込む運気アップ術を大公開してくれました。

その方法はなんと輪ゴムを使う方法でした。やり方は次のとおりでした。

  1. まず輪ゴムを13個用意します。
  2. 次に輪ゴムを画像のように12本までつなぎあわせていきます。
  3. 最後は両端を13本目の輪ゴムでつなぎます。
  4. 最後にこの輪ゴムで作った輪をレイの形にして壁にかけることで令和時代の良い気をとい込みやすくなるとのこと。
  5. この輪ゴムをかける方角は東北東の壁とのこと。

ちなみに13は令和の画数の合計の意味です。また、令和時代のラッキー方角は東北東とのこと。

月明かりの下で梅干しを食べると運気アップ

2つ目の令和時代での運気アップ法として紹介されていたのは月明かりの下で梅干しを食べるというものでした。

これは、元号令和の出典である万葉集には次のような文章があるとのこと。

初春の月にして
きよく風らぎ
梅は鏡前の粉をひらき
蘭ははいごの香を薫らす

これは素晴らしい月のもと梅が美しく咲いているという意味の一節。

この令和の由来になった歌にある月と梅のパワーを存分に取り込むために行うとよいのが、この月明かりの下で梅干を食べることでした

梅干を食べるベストタイミングは満月の時とのこと。次の満月は5月19日です。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする