[ホンマでっか]手を汚さず作れるハンバーグ? パッカンステーキの作り方

2021年2月17日放送の「ホンマでっか」では手を汚さずに、しかも下ごしらえも超時短で作ることができるハンバーグレシピが紹介されていました。この手を汚さずに作ることができるレシピはパッカンステーキと呼ばれているそうです。番組にゲストで登場した川田裕美アナウンサーのハンバーグを作っている工程などにかかる時間と実際に食べる時間が見合わないという不満も解消できるレシピになっているようです。

手を汚さないハンバーグ パッカンステーキの作り方と材料

このパッカンステーキについて教えてくれたのはレタスクラブの編集長をしている前田雅子さんでした。前田さんによると、このパッカンステーキは手を汚さない、洗い物も最小限です無視、ハンバーグよりも肉肉しい、美味しい、噛む時間も長くなるなどメリットも多いということでした。

材料

  • おろしにんにく:2分の1片
  • バター:15g
  • 醤油:小さじ2
  • みりん:小さじ2
  • トマト
  • クレソン
  • 粗挽き黒胡椒:適量
  • 塩:小さじ3分の1
  • 合いびき肉

作り方

  1. 合いびき肉に塩(小さじ3分の1)、粗挽き胡椒をかけます。(パックのまま行います。)
  2. 次にラップをかぶせて肉の空気を抜きながら成形します。
  3. 油を引いて加熱したフライパンに、そのままこねずにのせます。約2分ほど焼きます。そしてひっくり返して6分ほど蓋をして蒸し焼きにします。
  4. 肉をバットに移して、このフライパンにおろしにんにく(2分の1片)、バター15g、醤油・みりん(各小さじ2)を入れて混ぜます。
  5. 最後にハンバーグにこのタレを掛けたら完成です。
スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする