[がっちりマンデー]ミクシィの新たな儲かりビジネスは競輪? スポーツ事業の可能性

2021年11月14日放送のがっちりマンデーでは、いっとき話題になったあの会社は今がテーマでした。その中でミクシィが取り上げられ、モンストに続く新ビジネスとして競輪を始めたということでした。もっとも、ミクシィは競輪を主催しているわけではありません。ちなみに昨年度の売上はなんと1193億円とのこと。

ミクシィの新たな儲かりビジネスは競輪?

2011年から売り上げを落としていたミクシィですが2014年から売り上げが倍増!これは、2013年にリリースしたゲーム、モンスターストライクがヒットした結果でした。

それから8周年を迎えた現在も業績は好調。

そんなミクシィは昨年、スマホゲームのノウハウを生かし新たなビジネスを始めたという噂が。。。

ティップスタードーム

番組では千葉県にあるティップスタードームというドームにやってきました。この中は競輪場になっていました。

また、中にはバーがあったり、ソファー席があったり雰囲気は独特。

なんでも、JPFという会社とミクシィが新しい競輪に取り組んでいるとのこと。

ピスト6チャンピオンシップ

この競輪はピスト6と言われていて、普通の競輪とは異なるルール、そして見せ方もかなり違うとのこと。

まるで、エンタメショーのような競輪です。

ティップスターというアプリの開発

さらに、ミクシィではティップスターというサービスも手掛けているとのこと。これは、競輪やピスト6、オートレースのネット投票ができるサービス。

課金することで車券を購入することもできるそうです。

これは課金分がミクシィに入るわけではなく、競輪を主催している地方自治体から、販売委託料という手数料をもらうということのようです。

ピスト6の売り上げは?

ピスト6は10月2日いスタートしていて、初日だけの売り上げはなんと3億5千万円とのこと。

気になる予言本

私が見た未来 完全版

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする