[がっちりマンデー]パキッテ(ディスペンパック) コンビニのアメリカンドックについてくるケチャップ容器

2021年2月28日のがっちりマンデーでは、身近にある名前はわからないけど儲かっているアレということで紹介されていたのがパキッテという商品が紹介されていました。パキッテはコンビニでアメリカンドックやフランクフルトなどを購入したときについてくる片手で割ることができるマスタードとトマトケチャップの入れ物のことです。番組ではどれくらい儲かっているのかについて取り上げていました。

パキッテとは? 売上とか年間何個売れている

このテキッパは日本中のコンビニで使われているということで、どれくらい儲かっているのか気になるところ。

このパキッテを作っている会社はディスペンパックジャパン。実際問題、年間どのくらいパキッテが売られているのか。

番組のインタビューに登場した方によると、なんと年間で5億個生産しているということでした。

ちなみに2年前までは、パキッテはディスペンパックという名前だったそうです。

パキッテが生まれた経緯

ディスペンパックジャパンという会社はキューピーと三菱商事が合同で作った会社で1980年代に担当者がアメリカの展示会でこの容器を見つけてきたところから開発が始まったとのこと。

もともとこの容器には、電柱柱に登る作業員が指を切ってしまうことがあり、その時、片手で止血ができるようにと止血剤が入っていたそうです。

これを持ち帰って改良したのがパキッテとのこと。

会社の売上は45億円

このパキッテの年間の売上はなんと45億円とのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする