マツコの知らない世界 コーヒーがうまいドライカレーのお店がいい理由 松さんが語る3つのドライカレーの魅力

マツコの知らない世界ではドライカレーの世界を紹介。おすすめドライカレーのお店選びはコーヒーがうまいお店がポイントになるとのこと。3つのドライカレーの魅力について詳しく教えてくれたのは3000軒のカレー店をめぐりドライカレーに行き着いたという映像クリエイターの松宏彰さんでした。

カレーの3つの魅力とお店の選び方

松さんによると、ドライカレーは仕事のやなことを忘れさせてくれる最強のゲンキ飯で、食べると脳がスッキリするとのこと。ドライカレーの3つの魅力を解説していました。

食べた瞬間脳にガツンとくる快感

ドライカレーの魅力の一つスパイスが密集していて、食べた瞬間にガツンと来る快感がたまらない。

水分が少ないのでスパイスをダイレクトに感じることができるとのこと。

トライカレーの激戦区神宮前

ドライカレーの美味しいお店を見つけるコツはドライカレー激戦区の神宮前のお店がおすすめとのこと。

神宮前の名店としてMOKUBAZA Curry&BARのナッツキーマカレーがおすすめとして紹介されていました。

ドライカレーの造形の美しさ

2つ目のドライカレーの魅力は造形の美しさだということでした。固形のカレーと食材のコントラストはもはやアートとのこと。

この造形の美しいドライカレーも先程のMOKUBAZAでも食べることができるとのこと。

店主が元グラフィックデザイナーなのでこのような造形の美しいカレーがメニューが実現できているそうです。

松さんは吉祥寺にあるカレーハウスゴッドというお店のチーズドライカレーをおすすめしていました。

コーヒーとのあわせ技がたまらない

ドライカレーの魅力の3つ目はカレーとコーヒーのあわせ技がたまらないということでした。

カレーとコーヒーのアロマで極上の味になるという。

ドライカレーの食べた後のスパイスが口に残っていてそれが、コーヒーのアロマを暴れだすという。

コーヒーが旨い店を狙う

この事からドライカレーを食べるならコーヒーが美味いお店を狙うのがポイントとのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする