歯の磨くタイミングは食後30分後か食後すぐか決まっていない?

あさイチでは、歯を磨くタイミングについて実ははっきりと決まっていないことが紹介されていました。食後すぐに磨いたほうが良いという先生、一方で食後30分位たってから磨いたほうが良いという先生がいてはっきりと決まった見解が無いとのこと。

食後30分に歯を磨くべきという考え

食後に歯をすぐ磨くのは良くないという先生の主張は、食べ物を食べた後は口の中が酸性になっているので、その時に歯を磨いてしまうと、逆に歯に傷が付き良くないとのこと。

また、食後30分ほどおいた後で歯を磨いたほうが良いというもう一つの理由は、唾液の持つ力をいかすためです。

唾液には、虫歯の菌の増殖を抑える役割があります。食後すぐ歯を磨いてきますとこの唾液まで洗い流してしまいます。

また、唾液は酸性になった靴の中を中和して中性に戻す役割があるので食後時間をおいてから磨くのが望ましいとのこと。

食後すぐに磨いたほうが良いという主張

一方で、食後すぐに磨いたほうが良いという先生もいます。それは、唾液の力にたよるだけではなくて、歯の表面に虫歯菌の塊の歯垢が定着する前になるべく早く食べたらすぐに歯垢を取り除くほうが虫歯にならないということでした。

実際問題、食後すぐに磨く習慣によって葉の健康の改善に役立ったということでした。

1960年代は虫歯が非常に多かったそうです。そこで歯科医師会は333運動という1日3回食後3分以内に3分間歯を磨こうという国民運動を起こしたそうです。

その結果、日本の虫歯は劇的に減少したとこの先生は考えています。

なので、あとで磨けばいいと考えていたら逆に虫歯が増えてしまう可能性があるとのこと。

まとめ

食後すぐでも、30分後でも歯を磨くことが重要で、その際に歯の磨き方が大切だということでした。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする