マツコの知らない世界 箸は調味料 料理が美味しくなる箸

マツコの知らない世界ではこれまで3000膳の箸を握ってきた三井和典さんが登場し、お箸で料理が美味しくなるということを紹介していました。なんでも箸は調味料だということでした。

料理が美味しくなる箸は調味料

箸マニアの三井さんによると、箸によって料理がさらにおいしくなるとのこと。

つまり、箸も調味料の一種だと考える事ができるそうです。

ポイントは自分に合った箸選び

箸が調味料になる理由

箸がなぜ調味料になると三井さんは言っているのかそれは次のような理由があるからでした。

  1. お膳に並べたときの美しさ:そうめんには竹箸、会席料理には華やかな箸が良い。料理にあった箸を使うことで料理も映える。
  2. ストレスを感じない持ちやすさ:太さや形状など箸は様々。その人にマッチしたものを選ぶことで料理の味にも影響してくるとのこと。
  3. 口に入ったときの感触:特に箸を口から抜くときの感触が重要で、なめらかさが心地よいと味も良くなるとのこと。

青森県津軽塗 津軽塗ロイヤルコレクション

番組では普通の弁当を津軽塗ロイヤルコレクションという箸を使って試食。

味が実際に美味しくなるのか検証していました。

マツコさんのリアクションは微妙な感じでした。

まとめ

箸が調味料になるというのはちょっと言い過ぎかもしれませんが、料理の味に影響を与えるというのはわかるような気がします。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする