ネイルシールの上手な貼り方! はなまるマーケット

今や2人に1人の女性が爪にオシャレをしているという。しかし、ネイルサロンは1時間平均1万円とけっこう高額です。ファストネイルなどの激安ネイルサロンだと30分で3千円~4千円の間の格安価格のサービスがありますが、これでも高い!という方はご自分でネイルアートに挑戦してみましょう。そこで、必要なのがネイルシール。はなまるマーケットではネイルシールの貼り方のコツが紹介されていました。

ネイル

自宅でできる簡単ネイル ネイルシールの貼り方のコツ

自宅で簡単にネイルができると話題を集めているのがネイルシール。このシールを爪に貼るだけで、ネイルサロンでオシャレに仕上げた爪のようになるのが人気の秘密。しかも安い。数々の雑誌でも取り上げられ一種のブームになっているという。

番組では、ネイリストの方がネイルシールの貼り方を伝授。

ネイルシールを貼るポイント

・シールを貼る前に爪の下処理。ネイル用の軟らかいヤスリを使ってほんの少し削り、爪を曇らせる。

・さらに、消毒用エタノールをコットンなどにしみこませてふきとり、爪の表面の水分、油分を飛ばす。

・ネイルシートには様々な大きさのものが入っている。選ぶときは、自分の爪とピッタリ合うものか、少し小さめのものを選ぶ。

・シールを剥がしたら、根元を決めてから全体に貼っていく。あま皮にかぶらないように、根元から1mm程度離して貼る。貼るときは空気が入らないように少し引っ張りながら貼る。

・貼り終わったら、したの方に巻き込むようにして引っ張れば余ったシールは切切ることができる。

・最後にヤスリで余ったところを削って完成。

コツを掴んだらパーツシールやデザインシールでワンランクアップの装飾をネイルに施すとよりいっそうオシャレになるそうです。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする