ダウンジャケットをふっくらさせる方法とシャツの黄ばみ対策 あさイチ

秋は衣替えの季節です。夏物のシャツをそろそろしまって、コートやダウンジャケットなど冬物を取り出したりといろいろと忙しい。衣替えで困った事というとそれは、ダウンジャケットがぺったんこになっていたり、夏に収納しておいたシャツが黄ばんでいたりなど。あさイチではこれらの問題の解決法が紹介されていました。

洗濯

スポンサーリンク
広告(PC)




ダウンジャケットをふっくらさせる方法

けっこう高価なダウンジャケットを購入している方は、クリーニング店に持っていくほうがいいのかもしれませんが、そうではない方は自宅で簡単にふっくらとダウンジャケットを変身させる方法ためしてみるといいかも。

・まず霧吹きをかけて、その水分をタオルを使ってのばしダウンジャケット全体を湿らせる。表面がうっすらと濡れるくらいに湿らせる。

・湿らせたら、ファスナーを閉じてダウンジャケットを裏返しにする。

・そして、丸めたタオルとダウンジャケットを一緒に乾燥機の中に入れる。家庭用のドラム式の乾燥機だと30分ほど完了。

タオルが乾燥機の中でダウンジャケットを叩くことで、より一層ジャケットに空気が入る。そのためふっくらと仕上がるという。

白いシャツにつく黄ばみ対策

一部のTシャツや半袖のYシャツなどは、これからの季節、収納ボックスで保管することになると思います。春頃に収納ボックスから取り出した時に、シャツの襟の部分やワキなどが黄色くなっている!なんてことがあったら洗濯に問題があるかもしれません。

このようにならないようにするためには、収納前にしっかりと正しい洗濯をする必要があるという。シャツが黄ばまないようにするためには、目に見えないタンパク質や皮脂をしっかりと落とす必要がある。

洗濯した真っ白なシャツでも実は、皮脂やタンパク質がシャツにこびりついている場合があるので注意が必要。

洗濯のコツ

・まず、洗剤は酵素が含まれており、弱アルカリ性のものを選ぶ。酵素が入っているかどうかは、洗剤の裏の成分などが表記されているところに書いています。

・次に40度くらいのお湯を入れて洗濯機を回す。そして途中で止めて1時間つけおきする。そして後は普通に洗濯をする。ポリエステルやナイロンの衣類は水で1時間つけ置きする。

※水洗い不可の表示のある衣類はつけおき洗いはできない。また、風呂の残り湯は使わない。

このようにすることで、皮脂やタンパク質をしっかりと落とすことができるという。また、普段でも、つけおき洗いは月1回程度のペースで行うと効果的なんだとか。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする