母の日に贈ってはいけないカーネーションの色は黄色 花束の正しい私方とは?

教えてもらう前と後、母の日にまつわることが紹介されていました。母の日に贈っていけないカーネーション花の色は黄色とのこと。また、母の日に渡す正しい花束の渡し方も取り上げていました。

母の日の正しい花束の渡し方

母の日に渡す花の正しい花束の渡し方は次のとおりでした。

  1. まず花が自分の左側に来るように花を持ちます。
  2. 次に花束を回転させて左右を持ち替えます。つまり、花が母親からみて左側になるようにします。
  3. そして相手の左に花が来るように渡します。このとき花束の持ち手の部分を開けて相手に渡します。

母の日に贈ると失礼なカーネーションの色は黄色

続いては、カーネーションいえば赤色ですが、母の日に限って贈ると失礼な色があるそうです。

それは黄色いカーネーションでした。

理由は花言葉

なぜ黄色いカーネーションを贈ると失礼になるのか。

それは花言葉にあるという。

ピンクのカーネーションの花言葉は感謝や気品を意味するのに対して、黄色の花言葉は軽蔑という意味を持っているためだということでした。

白いカーネーション

ちなみに白いカーネーションはなくなった母に贈る花なので避けるべきとのこと。

赤いカーネーション

定番の赤い花のカーネーションは母への愛を意味しているとのこと。

感想

カーネーションの色を間違えるとえらいことになりそうです汗

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする