旦那との料理シェアのコツ 週末に旦那が副菜を作り置きや料理工程をシェア

あさイチでは料理を旦那と料理をシェアする料理シェアのコツを取り上げていました。番組では平日仕事なので週末に料理シェアをする方法や献立は奥さんが作り調理は旦那がするという料理シェアを取り上げていました。1日の料理は奥さん一人だとかなりの負担。そこで実際に料理シェアに成功した事例を紹介していました。

週末限定で旦那と料理シェア

1つ目の料理シェアのケースでは平日は旦那が仕事ということで週末限定で旦那さんが料理シェアしているという家庭を紹介していました。

この週末限定料理シェアのコツとしては2つのポイントがありました。

  1. シンプルなものを作る:かぼちゃの煮付けやきんぴらなどの簡単な副菜を作り置きするようにする。
  2. 同じものを繰り返し作る:同じものを作り続けることで効率がアップするとのこと。

このようにして、旦那が週末に副菜を作り、夕食に少しずつ出すようにして、奥さんがメインのおかずを作ることで、奥さんの負担が劇的に減ったとのこと。

この他に、表計算ソフトを使いレシピを登録して必要な材料を呼び出せるようにして、献立表から買い物リスト作りも簡単にしていました。

奥さんが献立を作るケース 料理工程をシェア

続いて紹介していた料理シェアのケースでは奥さんがレシピの献立を考えて、調理は旦那が行うというものでした。

この旦那さんは調理することはできるが、献立を作るのが苦手だということでした。

というのもあ、旦那さんが食べたいものを作ってしまうと、どうしても子供が嫌いなレシピを作ってしまうそうです。

そこで献立は奥さんが考えるようにして旦那さんに作ってもらうことで料理シェアを実現したとのこと。

感想

奥さんサイドにすべて任せると負担ばかりかかるので、旦那も積極的に料理シェアできるようにしたほうが夫婦円満になるかも。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする