*

長寿草と花良治みかんと畑仕事が喜界島の人の長寿の秘訣?

スポンサードリンク

1株食べると1日長生きすると言われる長寿草。長寿には欠かせないというポリメトキシフラボノイドが含まれているという花良治みかん。これがあるのが奄美群島の喜界島。人口10万人に対する100歳以上の高齢者の数が3倍とご長寿の方が多く住んでいる島。健康カプセル元気の時間では、この島の長寿の秘訣?である長寿草と花良治みかんと運動について紹介していました。

喜界島の長寿草とは? ボタンボウフウ

鹿児島は健康トピックスで注目を集めているという。特に奄美群島の喜界島という地域。ここは、世界一のご長寿の117歳の女性が誕生した場所だという。

そんな喜界島の健康長寿の秘訣とは何なのか、番組では実際に現地に訪れ高齢者の方に取材。

そんな中、自宅のリフォームを自分でしているという85歳の元大工の男性の自宅を訪れた時、長寿の秘訣の食材があるということで男性の奥さんが庭先に生えている植物を取ってきました。

それは長命草(ちょうめいそう)と呼ばれている植物でした。

正式名はボタンボウフウで俗称は長命草やサクナとも呼ばれているとのこと。

島では、その栄養価の高さから病気予防として食べれてきたそうです。

長命草の栄養価

長命草の栄養価は鉄分はプルーンの6倍、カルシウムは牛乳の約4倍さらにポリフェノールも豊富に含まれているとのこと。その為、骨粗しょう症や生活習慣病予防、老化防止にも効果があるとされているとのこと。

長命草の食べ方

塩で下味をつけて天ぷらにして食べるのが島での美味しい食べ方なんだそうです。

花良治みかん(ポリメトキシフラボノイド)で長寿

島の人達が食べているというもう一つの食べ物というのが花良治(けらじ)みかんでした。

この花良治みかんは花良治集落で発見されたみかんでそう呼ばれているようです。見た目は青々としていてすっぱそうです。

しかし、実際はとても甘いんだとか。

花良治みかんの栄養価

管理栄養士の金子あきこさんよると花良治みかんにはポリフェノールの一種であるポリメトキシフラボノイドが豊富に含まれているという。

この成分には抗がん作用や血糖値や血圧の上昇の抑制、アルツハイマー病予防などの効果があるとされているとのこと。

喜界島の人たちの運動

最後になんといっても運動。喜界島の比較的長寿の方々は畑仕事など体をよく動かしているそうです。むしろ、家でじっとしていることが少ないようでした。

体を毎日動かすことも長寿には欠かせないことだということでした。

ad

スポンサードリンク

関連記事

フキンの除菌、お風呂の除菌術 あさイチ6月4日

あさイチでは、除菌術がテーマで、みじかに潜む細菌の除菌のやり方が紹介されていました。特にフキンの除菌

記事を読む

ブーツの臭い対策のコツは足の臭いの原因イソ吉草酸のを消すこと

ブーツの臭対策は、イソ吉草酸という物質を足の臭の成分をなるべく発生させないようにすることがポイント。

記事を読む

豚肉は朝食べると代謝アップと肥満予防効果がある? 初耳学

林先生が驚く初耳学では、豚肉は朝食べると代謝を上げて、肥満予防ができる、卵は夜に食べると美容やエイジ

記事を読む

ファスナーを閉める時、途中で布を噛んだり開いた場合の対処法 あさイチ

ファスナーを閉める時、布をかんでしまって開かないというトラブルは意外と起こりがち。 裏地が食い込ん

記事を読む

フローリングの足の皮脂汚れの落とし方 絨毯に入り込んだ髪の毛のとり方 あさイチ

あさイチでは、絨毯に入り込んだ髪の毛のとり方のコツやフローリングについた足の皮脂汚れの落とし方のコツ

記事を読む

トイレでスマホ 菌付着で食中毒の原因に? ハンドドライアーで手に菌がつく理由

家の中でスマホを使うことがありますが、トイレの中ではスマホをいじったりすることはあるでしょうか。意外

記事を読む

葉物野菜は冷蔵庫で保存するとビタミンCの減少が少ない?チルド室で保存はNG

あさイチでは小松菜やほうれん草、白菜なのどの葉物野菜のビタミンCを減らさない保存法を紹介していました

記事を読む

朝食を抜くと脳出血、冷え性のリスクが上がる? 朝食には何を食べると良いのか?

今でしょ講座では朝食を抜くとリスクが高まる病気として脳出血、またリスクが上がる症状として冷え性がある

記事を読む

トイレ便器の輪染みや黒ずみの落とし方!はなまるマーケットで紹介

掃除したつもりでも、隠れた汚れが多い場所がトイレ。こびりついた汚れから雑菌が繁殖したり、臭の原因にも

記事を読む

パッションフルーツのグリーンカーテンの作り方! あさイチ7月1日

グリーンカーテンをこれから作ろうと思っている人は、パッションフルーツを使って作ると、真夏のシーズンま

記事を読む

ad

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1日20粒の素煎りピーナッツで血圧が下がる理由とは? 酢ピーナッツの作り方

ジョブチューンでは、冬に上がりやすい血圧を下げる話題について紹介してい

趣味を始める時に形から入るタイプは収入が高くなりやすい?

ホンマでっかtvでは、趣味を始めるときは、初心者でも良いもの(ブランド

たけしの家庭の医学 くるぶしをマッサージするだけで頻用改善する理由とは?

たけしの家庭の医学では、体のある部分をマッサージするだけで頻尿を抑える

キクイモのイヌリンが中性脂肪を減らす? 1日の摂取量は10g?にんにくにもイヌリンが多い?

たけしの家庭の医学では、中性脂肪を効率的に減らす方法として、キクイモを

誤嚥予防のブロッコリースプラウトの葉酸入りスムージーの作り方とは?

誤嚥を予防するには葉酸が必要とのこと。名医のTHE太鼓判では、葉酸入り

→もっと見る

PAGE TOP ↑