解凍サンマのほうが脂がのっている理由とサンマの水分を抜いて焼く方法

『この差って何』では、この時期は解凍サンマのほうが脂がのっていると紹介。番組では解凍サンマをおいしく焼く方法と解凍サンマに脂がこってりのっている理由を取り上げていました。実際に比べても生サンマは脂の層が薄いのに対して、脂の層が厚い並べると脂がのっていました。

解凍サンマのほうが脂がのっている理由

毎年8月から9月になるとサンマは餌が豊富な北海道近海へやって来ます。そこで栄養を蓄えてまるまると太ります。

いの時期、スーパーに並んでいる解凍サンマは8月、9月にとって冷凍保存していた太ったサンマを解凍したものを店頭に並べているとのこと。

そのため、生サンマよりもこの時期の解凍したサンマのほうが脂がのっているとのこと。

解凍サンマの焼き方

この時期の解凍したサンマは栄養は満点ですが水分も豊富に含んでいるので普通に焼くとベチャベチャになってしまうとのこと。

なので水分を抜いてから焼くのがコツとのこと。

  1. サンマに爪楊枝をさして片面10箇所ずつ穴を開けていきます。このようにすることで余分な水分が抜けていくとのこと。
  2. 次にサンマ1匹に対して小さじ1の塩を振ります。
  3. ラップをして30分間冷蔵庫におきます。浸透圧で余計な水分を抜きます。
  4. 続いて、グリルを焼くまえに温めておきます。4分ほど温めます。
  5. アルミホイルをグリルに敷きます。そのうえでサンマを3分ほど焼き目がつくまで焼来ます。
  6. 次にそのアルミホイルでサンマを包み、2分ほどそのまま蒸し焼きにします。

まとめ

意外と簡単に焼くことできるので試してみると良いかもしれませんね。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする