ソレダメで紹介!腹ペタ体操のやり方 3日でウエストマイナス6センチ

ソレダメでは奇跡の腹ペタ体操のやり方を紹介していました。なんでもたった3日でウエストがマイナス6センチ達成することができるとのこと。詳しく教えてくれたのは、4万人の悩みを解消してきたという整体師の森田敦史先生でした。

腹ペタ体操のやり方

まずは腹ペタ体操をする上で重要な呼吸法を行います。やり方は次のとおりでした。

基本の呼吸法

  1. 「ニー」っと口を作り、鼻から5秒で息を吸います。
  2. 次にその口の形を維持しつつ、「スー」ッと音を立てて8秒で息を吐きます。このときお腹をへこませるイメージで行います。
  3. 1日5回ほど行います。

背中を柔らかくする体操

基本の呼吸法がわかったところで背中を柔らかくします。
背中が硬いと息を吸い込む量が少なくなるとのこと。このためぽっこりお腹の原因にもなるということでした。

  1. 椅子に座り、両手を合わせて、うずくまります。
  2. この態勢で口をニーっとして5秒で鼻から息を吸います。背中に空気を入れるイメージで行います。
  3. そして口から息を8秒かけてスーッと音を立てて吐き出します。
  4. 1日5回ほど行います。

お腹をへこませる体操

続いてお腹をへこませる体操を行います。

  1. 椅子にすわり、鼻から息を吸いながら斜め上に手を上げます。
  2. 8秒で口から息を吐きます。このときお腹をへこませるイメージで行います。
  3. 5秒で鼻から息を吸い力を抜きます。

これによって前に出ていたお腹が元に戻るとのこと。

感想

短期間でぽっこりお腹を解消したいという人にはおすすめかも。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする