黒バナナにする方法と1日に食べる量 10日継続でダイエット効果アリ

教えてもらう前と後では、バナナを黒くして食べると疲労回復効果とダイエット効果があるということについて紹介していました。黒バナナはどのようにして作るのか、1日に食べる量などの疑問に答えていました。

黒バナナのダイエット効果と疲労回復効果

バナナを黒くすることでどれくらい成分が変わるのでしょうか。

黒バナナを研究している医師によると、黒い斑点はシュガースポットと呼ばれ、これが増えれば増えるほど酵素の量がアップするとのこと。

酵素は消化・吸収・代謝などに必要不可欠な成分。

実はバナナには疲労回復に役立つ、ビタミンB1・B2が豊富に含まれています

黒バナナにして酵素を増やせば、この疲労回復成分を効率よく摂る事ができて代謝を活性化させてダイエット効果にもなるとのこと。

また、ダイエットに関して言えば、黒バナナになることで肥満の元になるブドウ糖やショ糖が減るとのこと。

黒バナナの効果

番組では黒バナナを10日間6人の方に毎朝1本食べてもらい検証していました。

その結果ダイエット効果に関しては全員がダイエットに成功していました。

疲労回復に関しても6人中5人に改善が見られました。

黒バナナの作り方

具体的にどのように黒バナナを作るのでしょうか。

それは、購入してから放置して7日くらいまで熟成させてもOKとのこと。

目安としては5日ほど放置して熟成させれば良いとのこと。

1日に黒バナナを食べる量

朝食に1本黒バナナを食べるだけです。食事制限は一切必要ありません。

まとめ

バナナを毎日食べているという方は一度熟成させて黒バナナにしてみたら効果が体感できるかもしれません。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする