世界一受けたい授業 マインドフルダイエットのやり方と食前セレモニー

11月10日の世界一受けたい授業では脳でダイエットができるというマインドフルダイエットを紹介していました。マインドフルダイエットとは脳科学の観点からみたダイエット法で、マインドフルネスを応用した方法です。なので食事制限や運動をするといったことは必要ありません。

マインドフルネスダイエットのやり方とは

マインドフルネスのポイントは体の感覚や呼吸を感じ、今この時だけを意識します。

このマインドフルネスを応用することで太らない脳へと自然と変わっていくとのこと。

マインドフルダイエットは食べ方を考えることで痩せられるということでした。。

その方法を教えてくれたのは無理なくやせる脳科学ダイエットの著者で精神科医の久賀谷亮先生でした。

オランダの学生に行った研究

空腹状態の男女100人を2グループ分け、グループAにはマインドフルダイエットをレクチャー、グループBには何も指示しませんでした。

そしてチョコレートクッキーを渡し行動を観察したところ、するとレクチャーしたグループAの学生はあまり食べなかったそうです。

一方、グループBはずっと食べ続け、60倍のカロリーを摂取するという結果になったそうです。

心と脳が満たされなかったために食べ過ぎたということでした。

つまり、まだ空腹だと脳が勘違いしていたとのこと。

食べる前に間をつくる

マインドフルダイエットを実践するためには食べる前にあることをします。

それは、食べる前に間を作ることだそうです。

無意識にお菓子を口にすることがありますが、食べたいと思った時に1拍待つだけで無駄食いがなくなり太らなくなるとのこと。

ボディスキャン

続いてマインドフルダイエットのやり方に入っていきます。

まずはボディスキャンを行います。

足や腕、お腹など一つ一つに意識を向けるトレーニングです。

なぜ食べたいのか、どのくらい食べたいのかというセンサーを鍛えます。

  1. 基本姿勢は椅子の背もたれ化rあ背中を離し浅く座ります。
  2. 手のひらを上にして太ももの上に置きます。
  3. 準備ができたら左足に意識を向けます。今どういう状態なのかを感じ取ります。
  4. 同様に左足も行います。
  5. そして、お腹の感覚に注意を向けます。お腹が空いているか意識を向けます。
  6. 最後は呼吸に意識を向けて終了します。
  7. 1回5分程度行い、朝晩1回ずつが理想で仕事の合間でも効果があるとのこと。

ここで眠くなることは良いことだということでした。

このボディスキャンを行うことでどれだけお腹が空いているのかなどの体の変化に気づくことができるとのこと。

食前セレモニー

続いて食べる前に間を作る方法です。これが食前セレモニーです。

ストレス食いのような惰性で食べる癖が直せるようになるとのこと。

  1. 食事をする前に、食べ物をよく観察します。例えば肉がどこで育てられ、どう味付けられたのかなどを想像します。
  2. 続いて、今どれくらい食べたいのか10段階で評価します。
  3. 食べ物を見た時、臭いを嗅いだときの全身の変化を確認します。
  4. 最後に、なぜ食べたいのか思いを巡らせます。

あとは食べることに意識を向けながら食べていきます。

不思議なことにこれで食欲が減るということでした。

1人で行うなら30秒くらいでできるとのこと。

無理なくやせる“脳科学ダイエット
久賀谷 亮
主婦の友社
売り上げランキング: 13,254

まとめ

私自身、ポテチが好きで買いだめしていて無意識のうちに食べていることがあるのですが、この食前セレモニーをやってみたところ、あまり食べたいと思わなくなりました。

みなさんも多少食欲に変化が出るかもしれません。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする