初耳学 ランニングマシーンで太ももを効率よく鍛えるには3%の傾斜が必要

初耳学の美ボディへの道の第7弾ではお笑いコンビ、ガンバレルーヤが太ももを鍛えることに挑戦しました。ポイントは、ランニングマシーンを使って効率よく太ももを鍛える方法でした。今回もライフスタイルモデルの栗原ジャスティーンさんが指導していました。

ランニングマシーンで太ももを効率よく鍛える方法

太ももは体の筋肉の中でも一番割合が大きいということでした。なのでしっかりとした下半身を作ることで燃焼が良くなり痩せやすい体になるという。つまり基礎代謝がアップするということです。

太ももに効く!ランニングマシーンの使い方

なんでも栗原さんによると、ランニングマシーンは傾斜をつけて走らないと効果が激減するとのこと。

ランニングマシーンは常に地面が動いているので、自分の力だけでは前に進むわけではないので、傾斜をつけないと同じ場所で跳ねているだけの状態になってしまうとのこと。

太ももに適度な負荷がかからず効果が激減してしまうとのこと。

傾斜は最低3%必要

ではどの程度傾斜が必要なのかというと、外で走るのと同様の効果を得るには最低3%の傾斜が必要とのこと。

まとめ

ランニングマシーンに傾斜がついているものがありましたが太ももに負荷をかけるためのものだったのですね。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする