蒸しショウガの作り方と健康法とは?はなまるマーケット!

ショウガの新しい健康効果が2012年に発表され話題を集めている。それは認知症の予防や改善にも効果があるというもの。ショウガに含まれる成分で特に加熱すると増えるというショウガオールにその認知症予防、改善の効果が見られるという。そのショウガオールを20倍に増やす調理法、蒸しショウガの作り方がはなまるマーケットで紹介していました。

スポンサーリンク
広告(PC)




ショウガの新たな健康効果

ショウガの健康効果というと、体が温まる、風邪予防、うつの解消など色々と言われていますが、最近では、認知症の予防や進行を抑制するという効果もわかっているという。

ショウガオールには抗酸化作用があり、脳の中の慢性的な炎症を防ぐという。そのため、認知症の症状を起こりにくくする。

これらは、2012年のショウガに関する論文に掲載されているという。

ショウガには2つの成分がある

・手足などを温める成分:ジンゲロール
体を芯から温める成分:ショウガオール

認知症の改善効果が見られたのはショウガオールの成分。

石原新菜先生も蒸しショウガで体調がよくなった!

番組では、内科医でイシハラクリニックの副医院長の石原新菜先生が蒸しショウガで便秘、生理痛、生理不順、多汗症、ニキビもなくなったという事を話していました。

実際に、先生自身も蒸しショウガ健康法という本を出版している。研修医のの時に忙しい生活で体調を崩し、便秘や生理痛、痔、ニキビなどで苦しんでいた。内科医の父から体を温めてショウガを摂りなさいというアドバイスを受けて始めたのが蒸しショウガ。

蒸しショウガとは、生のショウガを蒸して、乾燥させたもの

ショウガをなぜ蒸すのか?
100度を超えるとショウガオールがなくなる可能性があるので、焼いたりするのではなく蒸すのが適しているという。

食べる万能薬蒸しショウガの作り方

フライパン

番組では、お家にオーブンがある場合とない場合の蒸しショウガの作りかたが紹介されていました。まずは、オーブンを使わない方法から

蒸す
・ショウガをきれいに洗う。ショウガは皮付きのままつかう。
・次にショウガを1ミリ~2ミリにカットする
・フライパンに2~3センチの水を張る。そこに、耐熱皿を置き、さらに皿の上にクッキンペーパーを敷く。その上にショウガをのせて、フライパンの蓋をする。
・中火で30分ほど加熱する

干す
・次に蒸したショウガを天日干しにする
・1日から2日間ほどカリッとなるまで乾燥させる

お家にオーブンがある場合
・スライスしたショウガを直接オーブンの天板にのせる
・100度で1時間加熱すると、直接乾燥までいっきに行なうことができる

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする