生え際や後ろ髪などうまく白髪を染める方法とは? 団塊スタイル

自分で白髪染めをしている方は、なかなかうまくできなくて悩んでいる方も多いと思います。美容院でやってもらえば綺麗に染まりますが、面倒だったり経済的な理由で通えないということもしばしば。団塊スタイルでは生え際や後ろ髪など、自分でもうまく染める方法が紹介されていました。

siraga

スポンサーリンク
広告(PC)




生え際・後ろ髪の白髪染めのやり方(リタッチ)のコツ

後ろ髪、生え際をうまく染めるコツは次の通り。

・染める前にざっくりと髪を5つのブロックに分ける。後頭部と頭頂部前後左右(4箇所)に分ける。このように根本の部分を出す。

・クリームタイプの白髪染め(ヘアカラー)を使う。市販の白髪染めで2液を混ぜあわせるような白髪染め。色が均等になるようにしっかりと混ぜる。

・最初の塗る場所は白髪の目立つところから塗っていく。基本的には前の方から塗っていく。

・白髪染めを塗る際は、ブラシの先を使わずに液体をブラシに付けて、スタンプのようにペタペタと生え際に置いていくのがポイント。そして指で毛の根本にしっかりとなじませる。

・もみあげのところは、地肌につくことを恐れず地肌にブラシを密着させてつけていく。

・後ろ髪は分け目を頼りに、同じように根元になじませていく。

・髪の根元が塗り終わったら、最後に櫛で全体にむらなく伸ばす。

・放置の時間は10分ほど。

すすぎ方

次にすすぎ方ですが、すすぐ前に少量のおゆを手にとって髪をもみこむ。これは、乳化という作業。このようにすることで、頭皮に付いているカラーを落としやすくする。そして、お湯が透明になるまですすぎをする。

シャンプー

次にシャンプーをする。シャンプーは、ちょっと長めに行う。最後に、髪はデリケートにっているのでトリートメントもする。

白髪染めの間隔としては1ヶ月くらいが目安。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする