ケチャップ味噌の鍋の作り方とモッツアレラチーズトマト鍋

1月20日の世界一受けたい授業では、免疫力アップ最強鍋のケチャップ味噌の鍋やトマト鍋にモッツアレラチーズを入れて食べると日本人にうれしい効果があることなどを紹介していました。詳しくレシピや健康効果について教えてくれたのは栄養士で客員教授の佐藤秀美先生でした。

スポンサーリンク
広告(PC)




トマト鍋にモッツアレラチーズを入れる理由

トマト鍋に一工夫してある食材を加えるとよいそうです。その食材はなんと2つありました。

一つは、冬食材として有名なカブでした。

カブには腸内環境を整える食物繊維が豊富に含まれている他、皮にはビタミンCが豊富に含まれているので皮ごと使うのがおすすめなんだとか。

さらに、葉にも栄養がたっぷりで、骨粗しょう症を予防するカルシウム、貧血を防ぐ鉄や葉酸などが含まれているとのこと。

2つ目の食材はなんと、モッツアレラチーズでした。この意外な食材をしゃぶしゃぶのようにして食べると日本人に不足している栄養を補うことができるというだけでなく、トマト鍋ともベストマッチだという。

食べ方は、モッツアレラチーズを薄く切っり、しゃぶしゃぶして少し溶かして食べるとよいという。

食材に乗せて食べるとさらにおいしいとのこと。

モッツアレラチーズにはカルシウム、ビタミンA、ビタミンB2、亜鉛など日本人が不足している栄養素が入っているとのこと。

シメはパスタ

この鍋のシメにはパスタをいれて、お鍋のスープでゆでた後でとろけるチーズをたっぷりかけるとかなり美味しいとのこと。

ケチャップ味噌の鍋

最強の免疫力アップ鍋として佐藤先生が教えてくれたのは、つぎの食材を使います。特に風邪予防に効果的とのこと。

  • 豆苗
  • キャベツ
  • 油揚げ
  • 鶏ひき肉
  • ニラ
  • ニンジン
  • 玉ねぎ
  • レンコン
  • クコの実
  • きのこ類 しめじ、エノキ、シイタケなど

特におすすめなのがレンコンだという。ビタミンCやポリフェノール、食物繊維といった免疫力アップ効果のある成分が豊富に含まれているということでした。

作り方のポイント

作り方の手順のまとめは次の通りでした。

  • 冷たい昆布だしを鍋にいれて、きのこ類をいれ沸騰するまで加熱します。
  • 次に鶏ひき肉をいれて火が通ったら、残りの具材をすべて入れて煮込みます。
  • 出来上がったら、ケチャップ味噌をかけて食べます。ケチャップ味噌の作り方は、電子レンジで加熱したケチャップに味噌とオリーブオイルを混ぜるだけです。

風味が変わり最後まで飽きずに食べられるとのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする