家事えもん 牛肉のしぐれ煮風の作り方 リンゴジュースがポイント

得する人損する人では、青山学院大学陸上部・男子寮に潜入し家事えもんが牛肉のしぐれ煮風の作り方を伝授していました。なんでもたった3分でレンチンするだけで作ることができるとのこと。ポイントはお肉を柔らかくするために使うリンゴジュースでした。

牛肉にめんつゆとの牛肉のしぐれ煮風

牛肉のしぐれ煮とは牛肉を甘辛くじっくり煮込んだ、ご飯がすすむ定番のおかずです。長時間煮込むことお肉が固くなりがちになってしまいます。

家事えもんはわずか3分半レンジでチンするだけで柔らかく味の染みた牛肉のしぐれ煮風の作り方を教えてくれました。

材料

  • 牛肉…100g
  • めんつゆ…大さじ2
  • リンゴジュース…大さじ1

作り方

  • 牛肉をキッチンバサミなどで細かくカットしてボウルに入れます。
  • めんつゆを大さじ2加えて、リンゴジュースを大さじ1加えて混ぜます。
  • あとはレンジで3分半加熱すれば完成です。加熱するときはラップをかけずに行います。余計な水分を残さないようにするためです。

リンゴジュースに含まれるリンゴ酸は肉の繊維を溶かすので肉が固くならないとのこと。しかも砂糖もいらないので一石二鳥だということでした。

これは、リンゴをすりおろして使っても大丈夫とのこと。

牛肉のしぐれ煮風を食べた方は、リンゴジュースっていう感じじゃないとのこと。これをおかずにご飯がかなりすすむとのこと。

しぐれ煮風を食べた学生たちは、ご飯の進み具合にかなり驚いていました。

さらに、これをベースにいろんな味ができるそうです。

ハヤシライス風

例えば、ケチャップを大さじ1.5、バターを2分の1個を加えて、1分ほどレンチンするとハヤシライス風に早変わりするそうです。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする