ミドル脂臭はクエン酸入浴で対策! 食べ物は梅や酢の物がいい?

30代から急増するという体臭にミドル脂臭というのがあるそうです。なんでも頭皮の皮脂とジアセチルという汗が分解されてできた物質が結びつくことで生じる臭いなんだとか。あさイチでは、ミドル脂臭の対策としてクエン酸を使う方法を紹介していました。枕カバーが臭うという方はこのミドル脂臭が発生しているかもしれません。

スポンサーリンク
広告(PC)




ミドル脂臭の原因はジアセチルと皮脂

30代から急増するという体臭。もそもミドル脂臭とはどういったものなのか。それは、ある成分が関係しているとのこと。

汗が常在菌によって分解されるとジアセチルという体臭の成分が発生するそうです。このジアセチルはある年代に多く発生していることがわかっているとのこと

ある男性化粧品メーカーによる年齢による体臭の変化の調査では、20代をピークに汗の臭いが強くでる一方、40代以降では加齢臭がどんどん増えていき、30代から急激に増えるのがミドル脂臭ということでした。

ミドル脂臭の発生源

ミドル脂臭は主に、頭頂から後頭部にかけてが発生源とのこと。また、鼻と離れている部位なので自分では気づきにくいというのが特徴とのこと。

この頭頂から後頭部にかけての皮脂とジアセチルが混ざった臭いこそがミドル脂臭だという。

ミドル世代の皮脂は落ちにくい

また、20代のヤング世代にくらべて、30代のミドル世代の皮脂はドロドロしていて洗ってもなかなか落ちにくいとのこと。

30代で枕カバーが臭いという場合、このジアセチルと皮脂が混じったミドル脂臭によるものかもしれません。

クエン酸入浴でミドル脂臭対策

ニオイ専門クリニックの医師、五味常明先生によるとミドル脂臭の元になるジアセチルを抑えるにはクエン酸が効果的とのこと。

クエン酸は酸性で、人間の皮膚は弱酸性であれば雑菌が繁殖しにくいためだという。

食用のクエン酸粉末をスプーン2杯から3杯お風呂に入れて入浴すると効果的とのこと。

食べ物からクエン酸を摂取

先程の入浴でミドル脂臭を抑える方法の他に、食べ物からクエン酸を摂取することで体の中から臭いを抑える方法もあるとのこと。

それは、クエン酸が多く含まれた食べ物を摂取することだという。

クエン酸を多く含む食べ物は梅干しやレモンなどの柑橘類、酢の物やいちごなど。

頭を中心に洗う

次は体のどの部分を重点的に洗えばよいのか。それは、ミドル脂臭に関しては頭はしっかりと洗ったほうがよいとのこと。というのも、頭頂から後頭が主な発生源だからです。

一方、加齢臭に悩む場合は、全身をしっかりと洗うようにしたほうが良いとのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする