がっちりマンデー パンフォーユー 個人向けのパンのサブスク

がっちりマンデーではもうかる炭水化物ビジネスを紹介していました。その中で群馬県桐生市にあるパンフォーユーというという会社が紹介されていました。行動自粛やテレワークなどにどう対応しているのかについても取り上げていました。個人向けにパンを提供するサブスクリプションサービスなどを導入して対応しているようです。

パンフォーユー 企業向けパンの提供をする会社

番組に登場したとあるパン屋さん。なんとお店で焼きたてのパンを売るのではなくオフィスで冷凍パンを売るというスタイル。

実際にパンフォーユーを利用している都内の会社では、会社の休憩室になんとパンフォーユーから借りているというパンの冷凍庫が設置してありました。

パンフォーユーの儲かりビジネス

この冷凍庫にパンフォーユーの儲かりのポイントがありました。オフィスで冷凍パンを売るというこれまでになかったスタイル。

昼時になると社員が冷凍パンを取り出しレンジで40秒温めるだけで焼きたてのようなおいしいパンができるというのがパンフォーユーのすごさだという。

菓子パンやマフィン、ベーグルなど20重種類以上あり、値段は1個200円。

パンフォーユー独自のアイデア

地元群馬県などの地域のパン屋さんで作ってもらって、東京都内に提供しているという。つまり、自分たちでパンは作っていないとのこと。

実はおいしいパン屋さんほど地方や駅から遠いところにあるという。そういった穴場的なパン屋さんを見つけておいしいパンを提供しているそうです。

2000個のパンが毎月売れている地域のパン屋さんもあるとか。放送されたときはおよそ35社が利用。

月商も1千万円を超えたという。

放送後都内の契約が殺到して160社に急増したとのこと。

行動自粛ムードの現在はどうなのか

昨今の自粛やテレワークの導入などで今はどうなのか。番組では追跡取材していました。

在宅勤務の影響で160社のうち50社ほど宅配を一時休止にしているという。

個人宅むけのパンのサブスクを導入

パンフォーユーでは2月頃から個人宅向けのパンスクというパンのサブスクリプションサービスを導入したという。

これは月々3700円ほどで毎月全国のおいしいパンを冷凍して家に届けいる定額制サービス。

現在千人ほどが利用しているとのこと。日に日にお客さんも増えているという。

オリジナルパンの提供

今後の展開としては、パン屋さんを始めたい人に全国のパンを冷凍して提供するサービスも行っていくとのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする