老人性色素斑の治療はレーザー治療が効果的? 3ヶ月ほどでかかり費用は1回1万円程度

あさイチでは老人性色素斑というシミのレーザー治療について取り上げていました。なんでもこのタイプのシミにはレーザー治療が効果的とのこと。30代のある女性の両頬に広がるシミにはそばかすの他に老人性色素斑が混ざっているということでそのシミを消す効果的な治療法についていも紹介していました。皮膚科医の小柳衣吏子先生が詳しく教えてくれました。

老人性色素斑と原因

老人性色素斑とは昔から浴びてきた紫外線の累積でできるシミのこと。加齢とともにできるシミで40代のほとんどの人に存在しているとのこと。

皮膚の奥にはメラニン色素を作り出すメラノサイトがあります。紫外線を浴びるとメラノサイトが増え、表皮じたいも分厚くなりこの状態になるとシミという形で見えるとのこと。

老人性色素斑のレーザー治療法

この老人性色素斑の効果的な治療法は、レーザー治療が効果的とのこと。

これは、レーザーで、肌の奥にあるメラニン色素を含む細胞をピンポイントで破壊する方法とのこと。

範囲がくっきりとしているシミに効果的とのこと。

期間

このレーザー治療によってシミが消えるまでにかかる期間は、およそ3ヶ月ほどかかるとのこと。

レーザー治療の費用

シミの診察の多くは自由診療になるので、保険がきかないとのこと。また医療機関によって治療費が異なるということでした。

レーザー治療に関しては1回1万円から数万円程度になるのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする