足の指グー骨が出ないと下半身太りしやすい? かかとが硬いと尿もれしやすい?

教えてもらう前と後では、足にまつわる健康チェックがテーマでした。その中で、足をグーにした時に骨がでるタイプと出ないタイプがあるそうです。骨がでないタイプは将来下半身太りするタイプだということでした。また、かかとが硬いと将来、尿もれしやすいとのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




足の指グーでわかる下半身太り

足の指を使ってじゃんけんをするイメージで、グーを作ってみましょう。その時、足の指の付け根にボコッと骨がでるタイプともっこりとしていて骨が出ないタイプとがあるそうです。

このことについて詳しく教えてくれたのは、皮膚科医の高山かおる先生でした。

先生によると、足の指でグーをした時に骨が出ないタイプの人は将来下半身太りになる可能性があるとのこと。

下半身太りする理由とは

このチェックで骨が出ないタイプが下半身太りしやすい理由は、足先の筋肉が弱っているということがわかるからだという。

つまり、足先の筋肉が弱っていて、指を曲げる腱が硬くなっていると、後ろ重心になり姿勢が悪くなる分、下半身に余分な脂肪がつきやすくなり下半身太りしやすくなるとのこと。

ゴルフボール握り

このように弱った足の指の筋肉を鍛えるためには、足の指でゴルフボールを握ったり、転がしたりすると良いとのこと。

かかとの側面が硬いと将来尿もれしやすい理由

続いて先生が教えてくれたのは、かかとの側面が硬い人は将来尿もれしやすいということでした。

なぜ尿もれにつながるのか。かかとの側面が硬いということは、重心がかかとの外側にかかっているということ。

このため足の内側の筋肉が弱くなり膀胱を支える骨盤底筋も弱くなってしまうとのこと。

このように足は現在の生活習慣から将来のことまでわかってしまうとのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする