矢部太郎さんその場のスキップ体操で足の冷え性解消!ゴースト血管も改善

お笑い芸人の矢部太郎さん、最近ベストセラーとなった『大家さんと僕』で一躍有名になりました。しかし、矢部さんは足が冷えて眠れないという悩みがあるという。名医のTHE太鼓判では矢部さんの冷え性を改善するべく、冷え性の原因となるゴースト血管について取り上げ、それを改善するためのスキップ体操をおすすめしていました。実際にゴースト血管が解消したかどうかの検証もしていました。

矢部さんの冷え性の原因は血管のゴースト化

痩せ気味の人の2人に1人は冷え性に悩まされているという。冷え性の矢部さんを調べると、足の甲からつま先まで血管が画像診断では映っていませんでした

専門の医師によると、足先の血管が映らなかった理由は、血流が悪くて末梢の毛細血管がゴースト化しているためだという。

毛細血管のゴースト化が進むと体のすみまで栄養が届かず体の不調を引き起こすとされています。

血管がゴースト化してしまう理由

なぜ血管がゴースト化してしまうのか。専門の医師によると、一般的には運動不足が原因としてあげられるということでした。

特にふくらはぎが重要で、第2の心臓と呼ばれていてここが悪くなるということで全身の血流が悪くなると言われている考えられているそうです。。

ゴースト血管を改善するスキップ体操のやり方

専門家の医師がゴースト化した血管を復活させる運動として紹介してくれたのがその場スキップ体操でした。やり方は次のとおりですごく簡単です。

  1. 背筋を伸ばして真っすぐつに立ちます。目線はまっすぐに向けます。
  2. ふくらはぎを意識して太ももをしっかりと上げます。
  3. そしてかかともしっかりと上げます。普通のスキップのように移動する必要は無く、あくまでもその場で行います。
  4. 1日20回スキップをします。

このようにかがとの上げ下げをすることで全身の血流がスムーズになると言われています。

矢部さんがスキップ体操を実践その効果とは

このスキップ体操をでどのくらいの効果があるのか矢部さん自身に挑戦してもらいました。

その結果驚きの効果が表れます。

体操1日目、矢部さんは好きな時間に1日1セット20回行いました。
初日は辛かったせいか座り込んでしまいました。

5日目も1日1セット行いました。ロケの合間に行いました。少し余裕が出てきたようです。

体操10日目、動きも軽やかなってきていまいした。

10日間実践した結果、改善前と比べると血管が数本ですがはっきりときれいに見えるようになっていました。

このようにスキップ体操をするだけでゴースト化していた血管が少し復活しました。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする