糖質が低い食べ物は?糖質制限ダイエットのコツ

糖質制限ダイエットに欠かせないのが食材に含まれている糖質の量です。これを知っていると糖質制限レシピを作るときに非常に役立つと思いました。主治医が見つかる診療所では、糖質制限ダイエットのために食材100gに含まれている糖質と糖質が低い食材が紹介されていました。

糖質_min

スポンサーリンク
広告(PC)




糖質が低い食材とは?

番組では、糖質が低い代表食材の覚え方が紹介されていました。糖質制限ダイエットするときはいつもこれを頭に入れておくといいかもしれません。糖質制限のポイントとなる食材を覚えるポイントは次の言葉。

ばあさまたちにとおなし(ばあさまたちに糖なし、と覚えると覚えやすい)

頭文字の食材は次のとおりです。

ば:バター
あ:アボガド
さ:さかな
ま:マヨネーズ
た:たまご
ち:チーズ
に:肉
と:豆腐
お:オリーブオイル
な:納豆
し:焼酎

食材100gに含まれている糖質の量の例

パスタ:69.5g
食パン:44.3g
ご飯:36.6g
うどん:20.8g
そば:24.0g
カボチャ:17.1g
ジャガイモ:14.6g
人参:6.3g
アーモンド:10g
アボガド:0.6g
ゆで卵:0.2g
牛カルビ:0.2g
豚バラ肉:0.1g
マグロ:0g

やはり、炭水化物や根菜類といった食材が糖質を多く含んでいることがわかります。一方で肉や卵、魚にはほとんど糖質が含まれていません。

1日どのくらいの糖質を摂ったらいいのか

糖質制限ダイエットといっても全く摂らないというのもまた問題があります。どんなに頑張っても最低100gの糖質は1日に摂取する必要がある。というのも厚生労働省も100gは最低限摂取を推奨しているのもあるし、人間の体の中にはブドウ糖しか利用できない組織というのも存在している。それは赤血球。なので最低限のブドウ糖の確保は必要。

高齢の方や持病がある方は糖質制限ダイエットを行うときは必ず主治医の指示に従う必要があります。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする