唇の荒れ・乾燥は3日で解消できる! ワセリンの塗り方とは? あさイチ

秋は唇ケアの本格シーズン。空気の乾燥に備えて様々な関連グッズが販売されている。この季節になると唇がカサカサになることが多い。皮がむけて割れたりするといった悩みも多いようです。こういった唇の乾燥や荒れにはどういった対策をすればいいのでしょうか。あさイチではワセリンを使った方法が紹介されていました。

乾燥_min

スポンサーリンク
広告(PC)




唇の荒れの原因は普段の行動にある?

実際に唇の荒れに悩む方のケース

唇が荒れているとある女性の症状の特徴

・乾燥がひどくなると、唇の皮膚がわれる
・カサカサになる
・唇の黒ずみ

皮膚科医の先生曰く、唇の荒れの原因は唇のスキンケアがあっていないこと。

唇の荒れに悩む女性のNGな行為

この方のケースの場合、唇の荒れを紫外線から守ろうとUVカット入りのリップクリームを使っていた。しかし、逆に唇に刺激を与えてしまう場合もあるので唇が荒れている方がUVカットのリップクリームを使うのはNGです。

また、この方はリップメークに口紅ではなくグロスを使用していた。グロスは刺激が強いので、乾燥している人にはおすすめできないという。

メイク落としも、ジェルタイプの洗浄力の強いものでしっかりと落としていた。しかし、これも唇に刺激を与えて荒れを引き起こしていた原因になっていた。

この方の場合、さらに、あかすりのように、唇の皮をめくっていたので唇の黒ずみまで引き起こしていた。なので皮を剥いたりこすったりするのはよくないという。

ワセリンで唇の荒れを解消する方法・塗り方

先ほど、唇の荒れで悩んでいた方がこのワセリンを使った方法で唇の荒れの解消に挑戦。まずは、ワセリンを用意する。ワセリンと表記されているものなら、医薬品でも化粧品として売られているものでもどちらを使用してもいいとのこと。

ワセリンの塗り方

・ワセリンを朝晩と毎食後に塗る
・リップメイクも口紅とワセリンを混ぜて塗る
・食事の際は、唇はこすらずにハンカチで押さえる
・夜のメイク落としはオリーブオイルで行う

3日間実践したところなんと、唇の水分量は5から77にアップ。唇のくすみまで着えて、角質も消えていた。唇はターンオーバーのサイクルが3日。それで、唇は早く効果がでるという。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする