[ガッテン]加藤流エビの開き蒸し焼きレシピの作り方

2021年2月24日放送されたガッテン!では、エビの達人が旨味を逃さずに調理する方法を紹介していました。達人が教えてくれたエビの食べ方は背開きして蒸し焼きにする方法でした。詳しく解説してくれたのは甲殻類に詳しい料理人の加藤邦彦さんでした。加藤さん曰くエビを旨味を倍増させる方法はエビを開くことだということでした。

加藤流エビの蒸し焼き作り方

エビを開くことで火が通りやすくなり、高温短時間で調理することができるようになりエキスを逃さず、水分を保ったまま完成するので旨味が倍増するとのこと。

材料

エビ(殻付きブラックタイガーなど):8尾

水:500ml

塩:15g(大さじ1)

作り方

  1. 頭を落とします。そしてしっぽのトゲを取ります。
  2. そして背開きにします。この背開きこそが旨味を出すため短時間で調理するために必要なポイントです。
  3. そして3%の食塩水(水500ml:塩15g)で軽く洗い、背わたとか砂を落とします。
  4. フライパンを熱します。
  5. エビに塩を軽く振ります。
  6. フライパンが温まったら油を引きます。
  7. 殻をしたにしてフライパンに入れます。
  8. 水を大さじ1入れたら蓋をして10秒間蒸したら完成です。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする