主治医が見つかる診療所!フラダンスの効果とは?ダイエットに効果的

インナーマッスルを鍛えると効果的にやせることができるそうです。主治医が見つかる診療所では、インナーマッスルを楽しく、継続して鍛える方法としてフラダンスを紹介していました。とある診療所ではフラダンスを教室を開いているところもあるという。それくらい運動療法としても注目されているフラダンス。フラダンスの効果とは。

フラダンスでインナーマッスルを鍛える

神奈川県にあるとある診療所では、診察時間が終了すると女性が夜な夜な集まってくる。先生もフラダンスの衣装に着替え2階のダンスができるほどの広間へ移動。

そう、診察が終了するとフラダンス教室が開放されていた。先生は医師であると同時にフラダンスのインストラクターでもあった。診察後と休診日の週4日、フラダンス教室を開催しているという。しかもこのフラダンスには驚くべき効果があった。

筋トレのようなストイックな運動よりかは、音楽に合わせてダンスをしながらインナーマッスルを鍛えることができた方が飽きがこないし、楽しいので運動療法の一環としてフラダンスを取り入れているという。

フラダンスのダイエット効果

見た目に反してフラダンスは想像以上の効果があるという。インストラクターの先生自身も体重は減ったという。なんと14年前は62kgも体重があったという。現在はフラダンスのおかげで47.5kgをキープしている。先生は37歳の時に一からフラダンスを習い始めた。

体重だけでなく、皮下脂肪や内臓脂肪も減少していた。

また、この教室に通うある女性はなんと15kgも痩せることに成功。フラダンスは4年ほどやっているという。

フラダンスののゆったりとした動きでインナーマッスルを効果的に鍛えることができる。特にフラダンスの場合は大腰筋に効果があるという。

生徒34人の大腰筋の断面積の平均値は
11.6から2年後12.6へ増加

その他には2年続けて次のような結果に
体重55.5kgから54.1kg
体脂肪率32.2%から31.7%
内臓脂肪78.9から70.9
悪玉コレステロール141.5から136.9
善玉コレステロール71.0から74.5

ダイエットするためにフラダンスをするのではなくて、ダンスをしていたら痩せていたといったほうがいいのかもしれません。少なくとも現在よりやせることができて、それを維持できるというのがこのフラダンスの特徴なのかもしれません。継続して運動できるというのがポイント。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする