自営業者が年金を多く貰う方法とは? あのニュースで得する人損する人

あのニュースで得する人損する人という番組では年金を多くもらう方法が紹介されていました。年金を受給している人の平均額は月に15万2000円。また、もらえる年金額も人によって様々で年金だけで充実した生活を送っている年金長者もいるとか。番組では自営業者の方が得する年金の裏ワザが紹介されていました。

ビジネス

ちなみに、年金長者いわれる人たちが多く年金を貰える秘密は、厚生年金の他に企業年金に入っているからだという。企業の4割がこの企業年金に加入している。この他に、個人年金に加入すれば更に年金額をアップさせることができるという。これはサラリーマンの例。

サラリーマンと比べて自営業者はどうなのか気になるところ。国民年金だけだとやはりちょっと不安が残るところ。しかし、ちゃんと年金額をアップさせる方法があるという。

スポンサーリンク
広告(PC)




自営業者の国民年金をアップさせる方法

付加年金

毎月払う年金に400円プラスして払うだけでなんと40年間払い続けた場合、もらえる年金が年間9万6000円も増額する。加入方法は役所か年金事務所に利用申請書を提出するだけ。

国民年金基金

年齢や掛けるプランによって月に支払う額が変わる。月に最高で6万5170円まで掛ける事ができる。この金額を、37歳男性が60歳まで支払い続けると65歳から毎月9万9775円プラスされて、年間119万7300円の増額になるという。
加入方法は申し込み書を郵送あるいは一部の金融機関で申し込むことが可能。

ただし、注意点としては、付加年金と国民年金基金はどちらか一方しか掛けることができないので、加入するときはどちらのほうが有利になるのかしっかりと検討する必要がある。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする