6分のほうれい線を解消法  今、この顔がスゴイ

今、この顔がスゴイでは、たった6分間でほうれい線を解消する方法を取り上げていました。歯科医の宝田恭子さんがその短時間で解消するためのほうれい線解消術を番組で伝授していました。ほうれい線をいますぐ何とかしたいという方は、この方法を試してみると良いかもしれません。

悩む女性

スポンサーリンク
広告(PC)




6分ほうれい線解消法

ほうれい線解消法をまとめると次の通りです。

・右手の親指で左側の奥歯に面する頬の内側を叩く。
・唾液腺を刺激して口の中を湿った状態にする。
・続いて、親指の腹でほおの内側を押しながら上下にマッサージ
・これを奥歯のところから口角のとこまで徐々に移動しながら指の腹で上下に押しながら8回でいくようにする。
・次に同じように8回上下運動させながら口角から奥歯まで戻る。
・これを両方の頬で9往復行う。

これで筋肉をほぐし、上に引きあげる本来の力を回復させることができて、ほうれい線も薄くなるというわけです。

6分のほうれい線解消法の効果は

番組では実際に芸能人の方が試したところ、けっこう効果が出ていました。左側の頬だけをためしていたのですが、ほうれい線が際立っている右がわと比較するとかなり違っていました。

この結果、番組では6分間のほうれい線解消法は効果アリとの判定!

但し、1日に1回だけ行うようにすることが大切とのこと。あまりやりすぎると頬を傷つけてしまうそうです。あと、効果は3時間ほどというところも注意したい。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする