1人でできるリンパずらしのやり方とは?たった10日で小顔効果ありほうれい線やあごのたるみも解消

リンパずらしという小顔効果をゲットできるマッサージがあるそうです。11月8日の主治医が見つかる診療所で紹介されていました。なんでもたった10日でほうれい線やあごのたるみを解消することができるとのこと。リンパ浮腫療法士の米原恵理子先生が詳しく解説してくれました。

リンパずらしのやり方

リンパずらしの前に軽くリンパのことについて説明します。そしてなぜリンパずらしをすると小顔になるのでしょうか。

リンパずらしをすると小顔になる理由

そもそもリンパとは何かというと、老廃物を流す水路のようなも。体中にリンパ管が走っていて、もちろん顔にも走っています。

リンパ管の中にあるのがリンパ液。このリンパ液が老廃物を排出します。

このリンパ液の流れが滞ると老廃物が溜まり、重みが着くとたるみやシワの原因になってしまいます。

つまり、とどこおったリンパ液を流すことで小顔になる近道になるというわけです。

小顔にするリンパずらしのやり方

ここからは小顔になるためのリンパずらしのやり方です。鎖骨と首、耳と3箇所に分けてリンパずらしを行っていきます。

鎖骨のリンパずらし

  1. まず、両方の肩を後ろに軽く5回します。顔に流れるリンパ液は最終的に鎖骨の奥で静脈に流れ込むのでこの部分を活性化させます。
  2. 鎖骨部分のリンパをずらします。鎖骨のくぼみところに右手で左側の鎖骨、左手で右側の鎖骨のくぼみに手を当てます。
  3. そして、ゆっくりと皮膚をずらします。指の腹で鎖骨のくぼみを回すように優しく5回ほど行います。力を入れるの目安は顔に手が触れる程度

首のリンパずらし

  1. 首に両手を当てます。そして先程リンパずらしをした鎖骨に向けて円を描くように、手のひらで回すように5回皮膚をずらします。
  2. そして最後に鎖骨に向かって優しく撫でるように流します。

耳のリンパずらし

  1. 指で耳を人差し指と中指で耳を挟みます。
  2. そして指で耳を挟み回すように優しく5回皮膚をずらします。
  3. 5回皮膚をずらしたら最後に鎖骨に向かって流します。

ここまで行った3つのリンパずらしを行うことで顔のリンパ液が流れやすい状態になります。

アゴのたるみ解消のリンパずらしのやり方

最後に仕上げとしてアゴのたるみを解消するリンパずらしを行います。

  1. 両手の親指を立てます。
  2. そしてアゴの下にあてます。
  3. そこから耳の方へ5回優しく流します。

まとめ

小顔リンパずらしは、肩回しのウォーミングアップから始まって、鎖骨、首、耳、そしてアゴの5つを1日朝と夜の2回行うと効果が出るそうです。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする