群馬県みなかみ町の雪割茸の特徴と入手方法は?

満天青空レストランでは雪割茸を取り上げていました。番組では、雪割茸を求めて群馬県はみなかみ町を訪れその特徴について詳しく紹介していました。雪割茸は野性味あふれる香りと甘さが特徴のきのこ。

雪割茸の特徴

なんでも、この雪割茸は大量生産がまだできていない貴重なきのこだということでした。ぱっと見では、えのきですが、生産者によるとえのきの先祖というか野生種とのこと。

一般的なえのきは生産性を高めるため品種改良が行われたもので、一方この雪割茸は一切品種改良が行われていないという野生種。

雪割茸は雪を割って出てくるということからそのように呼ばれていて、名前の通りに寒いところを好むきのことのこと。

なので生産されている場所は13度くらいの室温とやや低温。

味の特徴は、甘みが強いということでした。ただ、栽培するのがとてもむずかしいとのこと。つまり、野生種のため個体差が激しいので生産性が低くなっているということでした。

ただ、この雪割茸の生産者の方は工夫をこらし4年かけて安定生産できる技術を確立したそうです。

培地には砕いたとうもろこしの芯を使って独自配合したものを使っているとのこと。

そして、13度室温の部屋で11日間育てたら、12度の室温でさらに成長を促すとのこと。かなり繊細なきのこです。

成長すると25センチ

大体成長すると25センチくらいの背丈になるとのこと。とてもえのきとしては大きいです。太さもえのきよりもあります。

かなり食べごたえのあるきのこのようです。

どうやって食べるの?

食べ方として一番簡単な方法は、そのままレンジでチンして食べる方法でした。たったこれだけでも甘みがあってかなり濃厚とのこと。

雪割茸の入手先

詳しい雪割茸の入手先は番組ホームページを見てもわかりませんでした。また、楽天やアマゾンも調べてみましたがヒットしませんでした。(2019/11/16現在しらべ)

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする