無限電気味覚ガムとは? 電気味覚で塩味が加わる魔法のフォークと甘みを再現する電極

ニューモーニングサテライトでは電気味覚について紹介していました。なんでも電気を使うことで食べ物の味を変える技術なんだとか。番組では塩味が加わる電気味覚フォークと甘みを再現する電極、そして無限電気味覚ガムを取り上げていました。

電気味覚で塩味を出す魔法のフォーク

番組では明治大学中野キャンパスにある総合数理学部の宮下教授のところを訪ねました。

食材としてりんごや魚肉ソーセージ、梅干し、チーズ、唐揚げを用意。

教授が取り出したのは味を変えるフォークでした。なんでもこれは電気味覚フォークと呼ばれているそうです。

このフォークで唐揚げを食べるとなんとしょっぱさが加わるとのこと。

さらにりんごを食べると、塩水に漬けた後のりんごを食べている感覚になるということでした。

ちなみに、電気が通っていないと本来の味になるとのこと。

電気味覚

なんでも、この現象は電気味覚と呼ばれるそうです。味を感じる細胞が電気で刺激されて塩味が強調されるとのこと。

舌に食べ物が触れたときだけ電気が流れる回路ができて塩味のような感覚を発生させるという。

電気味覚とは電気刺激を味のように感じてしまう現象のこと。

重度の腎臓病の患者や生活習慣病が気になる方向けには朗報。

塩分を制限した食事も美味しく食べられるようになります。

甘みも電気味覚で再現

次に、首の後ろとアゴの下に電極をつけます。なんでも、これで甘みも再現することができるとのこと。

これは様々な実験を通して発見する事ができたそうです。

物によっては酸味や苦味なども感じさせることができるそうです。

無限電気味覚ガム

最後に、無限電気味覚ガムという無限に味が続くガムだということで世界からも注目されているとのこと。

まるい部分を押すと微弱な電気が発生して、その電気が舌に伝わり味を感じさせるという。

しかもバッテリーも不要だという。

将来的には基本5味を再現させるように開発していくとのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする