基礎代謝アップの方法は高カカオチョコレート食べるだけ?1日の食べる量とタイミング

あさイチでは基礎代謝をアップさせる方法を紹介していました。なんでも高カカオチョコレートを食べることで肝臓機能が改善し基礎代謝を下げないようにすることが可能だということでした。詳しく教えてくれたのは医師の栗原毅先生でした。

肝機能を改善させる高カカオチョコレート

基礎代謝とは、簡単に言うと体の体温調節や臓器の動きなどで使われるカロリーのこです。生命維持に必要な活動するために使われるエネルギーのことです。

実はこの基礎代謝を上げる方法はあるのですが、実際問題非常に難しいとのこと。

例えば筋トレなどで筋肉を増やす方法もありますがとても効率が悪いと言われています。

そこで基礎代謝を下げないことに注目したほうが良いということでした。

肝機能に注目

基礎代謝を下げないようにするためには肝臓の機能をしっかりと維持することがポイントになるということでした。

というのも、肝臓では代謝に必要な物質を500種類以上も作り出しているからです。

高カカオチョコレート

医師の栗原先生によると、この肝臓の機能を改善させるには高カカオチョコレートを食べると良いということでした。

高カカオチョコレートとは、カカオが70%以上含まれているチョコレートです。
高カカオチョコレートにはポリフェノールが他の食品よりも多く含まれていて、このポリフェノールが肝臓で発生する活性酸素から守ってくれるということでした。

また、チョコレートには電解質や食物繊維も多いのでおすすめとのこと

ただし、甘いミルクチョコなどを食べるのはNGです。

1日の食べる量

1日にたべる高カカオチョコレートの量は25gを目安になるということでした。5gのチョコレート5かけら食べます。

食べるタイミング

続いて食べるタイミングは、朝昼晩の食事の前と午前と午後に間食として食べるようにします。

このようにこまめに食べるようにします。

効果

栗原先生によると、患者さんで特に脂肪肝の方がこの高カカオチョコレートを食べたことで善玉コレステロールがアップしたり、肝臓の異常を示す値のALTやγ-GTPが改善した例もあるということでした。

大東カカオ スペリオール タンブル 1kg (カカオ分75%)
大東カカオ
売り上げランキング: 7,378

まとめ

代謝を下げないようにするためには、肝臓をいたわってあげることが大切なのですね。

そのためには暴飲暴食、飲み過ぎには注意しましょう。

後は高カカオチョコレートを食べるだけですね。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする