世界一受けたい授業 鼻の通りを良くするヨガ 石井先生の花粉筋膜ヨガ

世界一受けたい授業ではたった1分で鼻づまりが改善する体操として花粉筋膜ヨガのやり方を紹介していました。このヨガを考案したのは石井正則先生でした。この筋膜ヨガは、花粉だけでなくかぜで鼻の通りが悪いときにも効果的とのこと。

一分で鼻づまり解消 花粉筋膜ヨガのやり方

石井先生が教えてくれたたった1分で鼻づまりが解消するというヨガのやり方は次のとおりでした。ポイントは交感神経を刺激するということでした。

まず後ろに手を回し、小指、薬指、中指を組みます。

指を組んだら、おしりの前で手を開きます。

さらにひっくり返します。

この状態で胸を張り、腕を伸ばします。そしてできるだけ腕を上に上げます。

20秒を3セット、鼻の詰まった時に行うと効果的とのこと。

このように筋膜を伸ばすことで交感神経が刺激され、鼻の中の血管が細くなり、鼻の粘膜の腫れが引き、鼻の通りがよくなるということでした。

花粉筋膜ヨガの効果

花粉症や鼻炎に悩む男女6人にこの花粉筋膜ヨガを実践してもらったところ。

ヨガ前は鼻の粘膜がパンパンに腫れて空気の通り道がなかったのが、段々と粘膜に隙間ができてきて空気が通るようになっていました。

結果、6人全員が鼻の通りが良くなったそうです。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする