世界一受けたい授業 シソが鼻炎に効果的な理由はルテオリンにあり 1日の摂取量は20枚

世界一受けたい授業では、鼻炎に効果的な食材として最近発見されたものとしてシソの葉が紹介されていました。詳しく教えてくれたのは鼻炎のスペシャリストの石井正則先生。番組ではシソのおすすめレシピとしてシソディップの作り方やなぜ鼻炎に効果があるのか紹介していました。

シソが鼻炎に効果的な理由

近年発見された鼻炎に効果的な食材はシソだという。

シソにはポリフェノールの一種であるルテオリンが含まれていて、このルテオリンはかゆみの原因であるヒスタミンを抑制する作用があるとのこと。

パエリやセロリと比べてもダントツでルテオリンがシソには含まれているとのこと。

しそディップの作り方

そんなシソを使ったレシピとしておすすめなのがシソディップだということでした。

使う材料は次の通りでした。

  • 青じそ…20枚程度
  • 塩…適量
  • オリーブオイル…適量
  • にんにく…2片
  • くるみ…適量

これらすべてをミキサーに入れて混ぜるだけシソディップの完成です。

クラッカーやパン、野菜スティックにつけて食べると美味しいとのこと。

また、パスタのソースに使えるとの声もありました。

シソの1日の摂取量

アレルギーに効果を発揮するための1日のシソの摂取量は葉に換算すると20枚とのこと。

なので、先程のシソのディップやジュースにしても、豆腐に刻んでのせたりと工夫をするとよいとのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする