いっぷく!収納サービスminikura(ミニクラ)で断捨離!

もう4月ということで衣替えをそろそろはじめて、冬物を整理する時期です。冬物がスペースがないという理由で片付けられないという方には朗報。巷で話題の収納サービスがいっぷくで紹介されていた。そのサービスの名はminikura。以外とこれは便利だと思いました。断捨離にこのminikuraを使うのもありだと思います。

スポンサーリンク
広告(PC)




minikuraの特徴

ネットで専用キットを注文する。といってもダンボール箱とパンフレット、宅配便の送り状が送られてくるだけ。最大で30点20kgまで収納可能となっている。後は送り状を貼って配送業者を待つだけ。

ダンボールと配送料込でなんと250円

翌月からの月額保管料は250円。預けられたものは空調管理の行き届いた倉庫でしっかりと保管されている。預けた月の保管料は無料となっている。

専用キットの種類

実は専用キットには3種類ある

・レギュラー:雑貨やコレクションの収納に便利
・アパレル:洋服の収納に便利
・ブックキット:書籍の収納に便利

アイテム30点、20kgまで収納できる。

これらをうまく使うことで断捨離に役立てることができる。

さらにこちらのサービスはただ荷物を預るだけでなく、預けた物は1品ずつ写真におさめてくれる。そしてリスト化してくれる。これによりウェブ上の自分のページで預けた物を確認することができる。

リスト上で一つ一つの商品の取り出しも可能になっている。

さらに、整理して要らなくなったものはボタン1つでヤフオクへ出品できるという。

minikuraを運営している会社

このサービスを提供しているのは保管業務の最前線を行く寺田倉庫株式会社。荷物管理のノウハウが豊富にある。およそ半世紀にわたって保管業務に携わってきた会社。なにを預けても安心できる。個人向けの保管ビジネスのパイオニア的存在何だとか。

2012年9月よりサービスを開始して現在の利用者は15万人にも及ぶ。
整理整頓から不要なものの有効利用まで幅広く行ってくれる21世紀の収納サービス。

どんな人が利用している

番組では子供の母親が子供服など成長してしまうとすぐにきれなくなるということでこのサービスを利用していて、ママ友の間でも人気と紹介していました。

預けたアイテムリストをタブレットなどで他のママ友にみせて、欲しいものがあればそのママ友のお家に直接届けることもできるという。

写真リストからママ友同士で物々交換ができるという。

minikuraはただの荷物を預かるだけでなくコミュニケーションツールとしても役立ちそうですね。これは便利。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする